木下音感協会 木下式を実践する全国の幼稚園・保育園が所属しています。

東京合同音楽祭
第40回東京合同音楽祭は平成30年2月18日(日)に大宮ソニックシティ大ホールにて開かれます。
東京合同音楽祭は、木下式を学ぶ子供たちが全国から一堂に集まり、日ごろの勉強成果を披露するものです。初めて出会った子供たちがノーリハーサルで斉唱や合唱をオーケストラの生伴奏によって取り組みます。カスタネットによるリズム奏及び音感能力の公開もあります。この音楽祭は昭和54年日比谷公会堂で第1回目を開催し、平成30年に第40回を迎えます。
→第39回東京合同音楽祭アルバムを見る
◆木下式の真髄が舞台で見られます!
教育の基本は規範にあり、木下式を学ぶ幼稚園の子供たちは、しっかり人の話に耳を傾ける、先生の手本を真似る等を「音感かるた」による理論体系から身につけています。そのため、年長児ともなると2時間にも及ぶ練習に集中することができるようになります。園児たちの正確な歌声及び舞台上で整然と並ぶマナー等をとくとご覧ください。
◆幼童唱法による歌声をお聴きください!
木下式が提唱する幼童唱法は、一般の人たちが用いる裏声や専門家が理想とするベルカント唱法と異なり、子供たち一人ひとりが自己主張をもって自分を表現することができる歌唱法です。子供の声には人工的な化粧というものはいりません。純粋な歌声、そして輝きと正しい音高を知らせることこそ幼児の発声を眩いものにできるのです。